thRJ8WYZWV不法投棄と呼ばれるのは、捨ててはいけない場所に捨てたことによって、犯罪行為に該当することを行ったと判断された場合です。不用品回収などを場所によって行っているところの場合は、指定されている場所におくことが必要となっています。

しかし置いてはいけないとされている場所や、私有地に置いてしまうのは駄目なことですので、もしこれをやってしまうと不法投棄に該当することとなります。

ルールとして、該当している範囲内に置くか、回収業者に出すことが決められているのですが、それを無視してどこでも良いから置くというのは不法投棄です。ただ自分の土地に置いている分には該当しませんので、所有している土地に置いておくのは問題ありません。

しかし、本来捨ててはいけないとされている場所においてしまうことは駄目であり、これによって大量に捨てていることがわかれば、後日調査の上で逮捕されることもあります。

不用品回収業者の中には、指定されている場所で投棄してもいいとされていることがあります。当然見ている人はいるかもしれませんが、いない場合でも勝手に置いてしまえば回収されることがあります。

これなら不法投棄とは思われないので、基本的には大丈夫なのですが、安全に進めるなら見ている人にお願いして、回収することをしっかり伝えてください。伝えない場合は不法投棄とされてしまったり、なぜ置かれているのかわからず、問題になることがあります。

勝手に捨ててはいけないような家電製品などを、自分が持っている土地意外に置いてしまえば不法投棄となります。不用品回収業者にしっかりお願いして捨てるようにするか、自分で処分することができないと、犯罪行為として罰せられることになります。